上勝町は山に囲まれた小さな町。

信号は一つだけ。コンビニもスーパーもありません。

でも、移住してきた人はこの町はパラダイスだと言います。

いったいどんな町なのか?どんな暮らしをしているのか?

あなたが望む暮らしがここにある!

…かも

上勝町の暮らしを楽しんでいる移住者たち。
何がパラダイスだったのか!?

上勝町は2003年、日本で初めてゼロ・ウェイスト宣言をしました。
目標は2020年までに焼却・埋め立てごみをゼロにすること。
ごみは45分別。生ごみは家庭で堆肥化。
現在のリサイクル率は79.5%です。(2015年)
めんどくさそう…?いやいや
ゼロ・ウェイストは環境にはもちろん
私たちの暮らしもパラダイスにしてくれるんです。

ごみは自分の好きな時に
ごみステーションに持って行きます。
早朝にごみ出しをする必要はありません。

ごみステーションで13種類45分別に。
ほとんどがリサイクルされるから
環境にやさしい!

例えば・・・

夫婦2人と2歳児の3人暮らしの家庭では・・・
家での分類はここに写っている7種類の他に
紙おむつのごみ箱を入れて、
8種類にわけています。

❶白トレイ
❷その他の紙類
❸焼却ごみ
❹汚れたプラスチック
❺キレイなプラスチック
❻その他のごみ
❼雑紙

家庭で分け切れないごみは「その他のごみ」としてまとめています。

ペットボトルや瓶、牛乳パックなど。

このままごみステーションへ持って行って、それぞれ細かく分別して捨てればいいので、
慣れれば簡単!

ビニールやプラスチックは洗って乾かしてから
ごみステーションに持って行きます。
きれいに洗ってあるのでにおいもありません。

生ごみは各家庭で堆肥にします。
電動生ごみ処理機の購入には町からの補助もあります。
自家製堆肥で野菜でも育てちゃう!?

ごみステーションには、「くるくるショップ」が併設されています。
「くるくるショップ」とは、”不要になったけれど、まだ使えるもの”を町民が無料で持ち込み、
欲しい人が無料で持ち帰ることのできるリユースショップ。
町内の人は何か欲しいものがある時は、まず「くるくるショップ」を覗いてみます。
驚くような掘り出し物が見つかることも!

食器や衣類、まだ使える家電や家具が手に入ることも!!
移住してきた人はまず「くるくるショップ」で必要なものを揃えます。

びっくりするかもしれませんが
上勝町にはこんな暮らしが「あるある!」なんです。

上勝町には、コンビニも病院もありません。
でも、ご安心を!
町内には採れたての野菜が安く手に入る産直市や、肉・魚を扱っている個人商店があります。
診療所は近隣の大きな病院と連携して、緊急の場合はドクターヘリもやってきます。
そんな上勝町のパラダイスな情報が全てわかるのが「まるごとかみかつ案内所」
スマートフォンからはアプリで、パソコンからはブラウザでご覧いただけます。
マップ機能もついているので、初めて来た人にはとっても便利!
上勝町のイベントカレンダーもあるよ!